2007年09月19日

大切なもの

 
  なんとなく余裕ができた感じがする。

  自分の心のままに道を進んでいるからなのかもしれない。
  もしかしたら、全うな普通な人生を送れる気がしないという
  あきらめからなのかもしれない。

   
  そんな気分でいると、最近よく思う。

   
  新製品や新しい機能や、新しいサービスが世の中に
  溢れているなぁと。
  毎日、毎日、生産されては、消費されていく。

  でも、なかなか魂をゆさぶるモノ・サービスって
  なかなかない。 

  ケータイ会社をみてると、ちょっと可哀想。
  もっともっと利便性を良くするために
  アイデアを絞っている姿を想像すると、
  ほんと頭が下がります。

  けど、響かないんだよね、新しい携帯をみても。
  
  

  最近、新しい人とよく出会う。

  結局、魂が揺さぶられるのは、人なのかもしれない。

  出会った人を自分の中で大切にすることが、一番で、
  それ以外は正直どうでもいいものなのかもしれない。 

  結局、明日死んだら、物を持ってても何も残らないし。

  
  そんな当たり前の事実を最近感じた。
  


  


  
 

  

 
posted by ワッキー at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ふと思いつく。

 たとえば、Jリーグのサテライトチームが、
 1年間限定で海外のサテライトに順ずるリーグに
 参加できたら、面白いと思った。

 まったく、突発的な発想であり、とりあえずメモ程度に。

 Jリーグの理念の一つに、
 『国際社会における交流及び親善への貢献』があります。

 リーグも含め、各クラブがどの程度この理念に対して
 行動できており、今後未来の中で何ができそうなのか、
 考えてみよう。

 
 
posted by ワッキー at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

フットサルの可能性

 久々、更新。
 昨日、友達から全然更新していないねーと、つっこみをうけ、
 やばいやばいと思う今日この頃。
 ブログの使い方もいろいろマスターしたいが、いまいちよく
 わからんし。てか、調べてないだけですね。
 とりあえず、週1で更新できれば、良としていこう。
 

 さて、Fリーグ(日本フットサルリーグ)の開幕を9月23日に控え、
 競技人口は180万人にも達し、フットサル施設数も現在全国で
 527施設・1,204ピッチを数えるようになったといわれているなか、
 昨日、今勤めている会社の方々と初めてフットサルをしました。
 
 お互いをよく良く知らないなかで、フットサルを通じ、
 親交を深める目的で行われた企画でした。
 実際どれくらい人数が来るのか興味あったのですが、
 20人ちょっと集まってて、驚きと嬉しさがありました。
 しかも、女の方も結構来てて、自分がやっている環境と比べて、
 かなり華やか。
 楽しさ倍増ですよね。

 半分くらい初心者がいたのですが、みんな思い思い
 ボールを蹴っている姿を見て、心がワクワクしました。
 途中、初心者組と経験者組で別れてしまったのが、
 ちょいと残念。
 個人的には、初心者の人とワイワイしながらやりたかったし、
 もっと楽しさを伝えたかったかなぁと。

 みんな楽しんだのかな?
 
 
 日韓ワールドカップ後、急速にサッカー、フットボールが日本に
 根付いた理由の一つに、フットサルの環境整備があると思う。
 日々ボールに触れ合う環境があることで、そこに多種多様な
 コミュニケーションができあがり、コミュニティも広がり、
 そして何よりフットボールへの興味も広がっていると思う。

 
 そういう意味で、昨日のフットサルは意義があったと思いたいし、
 また機会があれば、もっと楽しさを伝える立場で
 みんなと接していきたいなと思いました。
  

 

 
posted by ワッキー at 01:47| Comment(2) | TrackBack(3) | サッカービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。