2009年02月27日

就職について

      
         

    就職するにあたって、何を大事にするべきなのか?

    まぁ、その人が仕事に何を求めるかでまったく変わるので、
    一般化して言えないですよね。


    自分は最近気になるのが、企業の文化、理念、Visionに
    ついて。いまさらですかって感じですが。

    
    大学生の頃、よく就職説明会とかで、会社の理念が
    大事、大事って口酸っぱく言われた気がするのですが、
    全然頭に入りませんでした。

    ひどいのは、グループ面接で、隣の学生が会社の理念に賛同
    していることを、くどくど説明している姿を見て、
    よく溜息をついていたのを覚えてます。
   
    当時は、全くそんなものに興味が無かったわけです。
    はっきりいって。




    今感じるのが、各自の考えと企業の考えが通じるところで
    働いた方が、長期的な視点にたてば、個人にとっても、
    企業にとってもリターンが大きいということです。
    今更ですが。    


    だから、まず自分の価値観と同じ会社を探して、
    これらがどう具現化されていて、
    はたまたされていないのか、されていなくてもその過程の
    取り組みはどうなのか、について調べる必要はあるのかなと。
    
    
    実際にそれらを具現化している企業がどれくらいあるのか、
    まったく無知ですが、そういう目に見えない物を
    作るのは、結局「人」だということは自明なわけです。

     
    
    だから、いっぱい人に会ってそれを聞くしかないわけです。 
       
    
        
    自分に関して言えば、
    スキルのPRも重要なんでしょうが、
    自分のヴィジョンとか覚悟をしっかりと話せることが最重要な
    気がします。


    それがなきゃ、何も始まらないわけですよ、本質的には。
    いくら武器を持っていても。


    



    

    
    
     
    
posted by ワッキー at 18:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

もう一つのプレゼンも終了




   実は、今日もプレゼンがありまして、、
   問題なく無事終わり、久々お酒を。


   今回はグループプレゼンで、バイオ医薬品受託製造会社の
   経営改善を行うケースをやり、楽しかったなぁ。


   授業自体は、最高につまらないのですが、
   このケースをグループであーでもねー、こーでもねー
   と議論する感じは好きなんですよねー。

   
   資料の仕上げの部分は、みんなでメールをガンガン
   飛ばしながら、見事出来上がった感じです。

  
   チームのみんなが、マイナスな事をマイナスと思わない、
   前のめりな人達だったので、恵まれたかもしれません。
   

   ということで、プレゼン終了後にパシャり。 


   明日からは、エッセイやらねば・・・ 



   
   DSC01224.JPG
posted by ワッキー at 11:06| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

プレゼンの感触

   


    さて、昨日に引き続き、今日もつまらない日記に
    なりそうです。すみませぬ。




    無事、プレゼンを終えることができました。
    
    実は、FIMBAに来て、初めての個人プレゼンだったので、
    みんなプレゼンの出だしのパートは緊張気味でしたね。

    優秀なネィティブが原稿を読みながらプレゼンをしてる
    意外な場面もあり、特に午前中はナーバスな雰囲気が
    出てました。

    
    自分はいつもまぁ、どうにでもなれ的な開き直りの姿勢
    で臨み、大抵気持ち良く終了してます。

    出来はどうあれ。

    今回も、そんな感じで、いざ話始めたら、
    もう開き直りです。

    
    そんな自分ですが、一つだけ、
    自分の良い部分というか自信があるのは、
    アイコンタクトです。
    
    なぜか自然にうまくできてる気がします。
    言葉はプアですが、訴える力はあるのではと。
    
   
    プレゼンが終わったら、何人かのクラスメイトに
    良かったねと言われ、おー伝わったぜって感じです。

    
    まぁ、プレゼンは伝えてなんぼでしょと思うので、
    とりあえず良かったです。

    
    でも、どの程度か伝わったんか聞いてないので、
    所詮自己満ですね。



    ちなみに、今回のプレゼンのテーマの結論は、

    2012ー16年のJリーグのテレビ放映権料が
    現在の契約、2007−11年の放映権料を越えることは
    ないだろう、ってな感じです。


    ただ、今後のJリーグ全体の成長を願う身としては、
    一応、突っ込みどころ満載の示唆を。


    1.クラブは新しい収益モデルを作るor
      新規の顧客を増やす。
      とにかく収益UPです。

      そして、その方法は、
      メディアと協力し、はたまたその力を借りて
      解決法を探すべき。
 


    2.実力・経験もありメディアバリューもある
      外国人を連れてくる。
      かつてのレオナルドや、ドゥンガのような。
     
           同時に

      中国かインドにJクラブはサッカースクールを
      作る。 選手の育成指導。
   

   
    3.アジア枠の撤廃。
      AFC加盟選手は枠なしで、出場可能にする。
      アジアからJへの動きを活発にさせる。

     


    4.Jリーグ自体がアジアの有望なアジアの選手が集まる
      リーグへと変わる。

      国内・国外からの放映権料が増え始める。
     
     
   

    ポイントはJリーグの理念に沿うことが重要であり、
    特に、国際社会における交流及び親善への貢献を
    軸に進めていくべきだと思います。
    
   


    
    アー腹減った。買い物に行ってきます。 


    
    

    
       
posted by ワッキー at 04:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

英語のプレゼン

   明日、Footballand Media の プレゼンです。


   プレゼン自体、久しくやっていないので、
   どうなるのでしょうか・・・・


   書く方は、アカデミックな単語を使うのですが、

   べしゃりについては、最近そういう単語を口にしていないので、
   ちと不安です。    
  

   もう少し、練習しなきゃ。。

   
   いつも思うのですが、プレゼンが日本語だったら、
   どんだけ簡単なんでしょう。


   すんません、つまらない日記で。


   また、明日会いましょう、ばいなら。

          
   
posted by ワッキー at 09:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

2010年W杯開催地南アフリカでストライキ

   


   以前のエントリーで書いた南アフリカネタです。
     

   今度は、現在Mpumalangaスタジアムの建設に従事している
   National Union of Mine Workers (NUM)のメンバー400人
   が賃金UPのストライキを起こし、解雇されたそうです。

   それによって、7月完成予定のスケジュールが延期される
   かもしれないとのこと。
   FIFAが決めている、Deadline は今年の10月15日。
 
   実際、解雇をすれば、また新しい人を雇わなければいけない
   ので、オペレーションが混乱する可能性もあります。
   完成がギリギリになる可能性もあります。

   しかし、このワールドカップで雇用を生んでいることは、
   間違いないですが、実際、大きなお金が動いている為、
   利権争い、労働搾取の問題は実際おきているんだろうな
   と容易に予想できます。

   こうした問題にFIFAは何かしらのActionを起こすの
   でしょうか?

   この2010年のワールドカップは、過去の大会と比べて
   特別な大会になります。
 
   今回、アフリカ大陸に行ったことがない多くの人が、
   南アフリカという国を間近で感じることができる
   チャンスがあるからです。

   そして、その多くは先進国の人でしょう。


   どう感じて、どう行動が変わるのでしょうか?


   日本のサッカー界とMNCが、この大会をきっかけに
   選手を獲得する目的というより、アフリカの若い選手を
   サッカーを通じて教育する、そんな支援・交流を始めて
   みると面白いかもしれません。

   
        
    



   
posted by ワッキー at 07:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

Disaster・・・・・・

   今日は、何度この言葉を口にしたか。。。

   もちろん、その他にも汚い言葉を連発したのは
   言わずもがなです。


   第1セメスターの結果発表があり、
   1科目、Managing Environment(マーケティング)だけ
   落してしまいました。

   グループエッセイ、56点
       筆記テスト、38点
           小計、94点
    トータルマーク、47点(Fail)


   
   今のところ、落した科目が1科目で40点から49点で
   あれば、追試を受けなくても良いとのこと。
   この御情け的な学校のシステムは?ですが、
   Fail したことには変わりません。


   悔しいけど、、、、


   そんなことは、このブログを書いてさっさと忘れます。
   筆記テストの答案も返ってこないのであれば、
   なおさらです。 


   サッカーを通じ日本人と世界中の人をつなげ、
   彼らに幸せを与える、自分のVisionを成し遂げる為に
   何ができるのか、日々どう過ごすのか、
   そこが重要。


   
   逆に、闘志をかきたてなきゃね!


   
   
posted by ワッキー at 08:08| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

マンチェスターU×フルハム観戦


   行ってきました。


   ブラジル料理のレストランでシラスコ、ワインを食し、
   そして、いざ、オールドトラッフォードへ。
   
   
   観客数は約75000人、収容人数が76212人なので、
   ほぼ満員でした。

   インターナショナルマッチ、FAカップなどの影響で、
   プレミアが中断しており、
   中断明けの試合だからなのかわかりませんが、
   この数は凄いです。

   下位のチームとの試合なのに・・

   
   その雰囲気は、まさに、The Theatre of Dreams です。

   選手のプレーの質の高さ、スタジアムの環境(席の傾斜や
   音響の良さ、セキユリティ配備)、そして何よりも
   応援するサポーターの質。


   一概にマンチェスターのサポーターの質が高いとか低いとか
   言えないですが、非常に感動しました。


   応援する歌の種類は20種類くらいあり、
   もちろん歌も歌うのですが、
   基本的にすべての人がしっかり試合を見ています。
   そして拍手するをタイミングとその大きさは、
   ほんとどこかのオペラ劇場にいるかのような錯覚を
   起こさせました。 

   いろんななことで、サッカーの試合を見てきましたが、
   昨日のオールドトラッフォードの試合は、
   次元が違うというか、比較できないほど、その雰囲気は
   良かったです。

   ある意味、かなりショックを受けました・・・
   
   イギリスに来て、普通にサッカーの試合を見たいと言う方は、
   まずここで試合を見れば、期待外れにならないでしょう。


   で、なんでこれほど、スタジアム、サポーターの質が高いのか、
   考えても、答えを特定することは難しいですが、


   さこでプレーしてるチームが、
   世界で一番素晴らしいサッカーをしていることだけは、
   明らかでした。


   実際、無失点記録も14にまで伸びているし。


   現在、首位マンUと2位リバプールとの勝ち点差は、5。

   
   正直、マンUが優勝する確率かなり高い感じがするのですが、
   来月直接対決もあるので、最後までどうなるかわかりません。


   どうなるんでしょうね。 結果が楽しみです。
   
   
  
16 031.JPG 人、人、人



16 063.JPG ハーフタイム中、スプリンクラーで水をまいてます



16 058.JPG さよなら、夢の劇場
posted by ワッキー at 12:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

未来のスーパースター


  今日は、CVの添削をしてもらいました。

  特に変更することなく、今まで使用していた物を
  持っていたのですが、けっこう細かいつっこみが入り、
  修正が必要に。

  そんでもって、Frumbaの練習に。
  運動してないわりにはそこそこ動けて、
  我ながら満足。

  これから、ブラジル人コンビ+日本人コンビで
  マンチェスターに行ってオールドトッラーフォードに
  ManUの試合を見に行ってきます。

  世界王者のプレーを生で見るのは初めてなので、
  しっかり見てきたいと思います。


  最後に、未来のスーパースターの紹介を。


  
   
  
  
   
posted by ワッキー at 01:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Where the Hell is Matt?

   今日は、動画の紹介です。


   紹介元は、自分のブログのブックマークにある、世界一蹴旅行
   を企画しているアシシさんです。

  
   この動画を最初に見た印象は、心が洗われる、良い動画だなと。
   言葉が通じなくても、人は共通の価値観を持つことが
   できるんだなぁと改めて思いました。

   同じ価値観を持ってたとしても、現実世界では、
   うまく関係を保つことはなかなか難しい部分もあるので、
   そういう意味で気付かされるいい動画です。


   再生回数が、18,444,619 回なので、知ってる方も
   いるかもしれませんが、一度、見てください。

   アシシさん、ありがとうございました!


    
   
      


   流れている音楽もいいですよね。
   
   個人的には、カルフォルニアのビーチで、
   負けず劣らず、へんてこりんなダンスした記憶があるので、
   懐かしさもありました。


   このMattさんの、へんてこりんなダンス(前作)を
   HPにアップしたら、世界各国から何千もの反響があり、
   結果、実際そこでサインしてもらい
   その興味をあった人をを特定させ、
   結果、2387人と会ったそうです。


   そして、この旅には、Strideというガムの会社が
   スポンサーしております。なんでガムかはなぞですが、
   この会社をどう口説き落としたのか、
   詳しく知りたいところです。


   出演している子供にも、学校を通じて寄付しるみたい
   で、面白いことをやってます。

   
   やはり、どういう形であれ、考えもつかない
   ワクワクする事を行うことは、
   人生において重要なのかもしれません。



   このMattさんがそのいきさつを説明しています。


   
posted by ワッキー at 14:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ようやく


    風邪よ、おさらば!
    体も軽くなり、テンションが戻ってきました

    天気のさえないイギリスで風邪なんて引くもん
    じゃないですね。


    
    今日は午前中のFootball and mediaの授業で、
    ローガン教授が面白いこと言ってました。

    リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、
    プレミア(イギリス)、それぞれ特徴あるサッカーを
    してます。
    リーガであれば、攻撃的なチームが多く、
    セリエAであれば、守りが堅いチームが多いというように、
    リーグによって特徴があるかと思います。

    そのような特徴は、どのようにして作られていくのか?


    ローガン教授いわく、ゲームを見ている観衆が、
    その各々の特徴を作っていくのだ、と。

   
    いつものように、ズバッと断言して、
    その話は終わってしまったのですが、
    妙に頭に残っています。

 
    午後は、プレミアリーグの海外向け放映権を
    担当されている方が来て、
    いろいろ話をしてくれたんですが、
 
    あの巨額の放映権販売しているのはを4、5人
    だそうです。。

    彼らがいなければ、サッカーは
    経済的にグローバルになっていなかったと思うと、
    リアルに凄いなと。

    
    一応、Jリーグがアジアマーケットで放映権を
    獲得するために、アドバイスくださいと、
    図々しく聞いたところ、特別な方法はないとの答え。 
    非常に難しい仕事だから、1つ1つ積み上げていくしか
    ない、至極当たりまえだが、そうするしかないと
    おっしゃってました。  

   
    次回のJリーグの放映権契約のシナリオを、
    来週行うプレゼンのテーマにしていたので、
    密かに参考になればと思ったのですが。。


     
  
       
    
    
posted by ワッキー at 07:33| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

そろそろ



   風邪薬効いてくれないと困るんですが、、

   頭痛が消え、鼻がグスグス言う程度になってきたので、

   この土日には完全復活したいところです。

 
   ここ最近は、集中力低下による効率の悪さから
   結局遅くまで起きており、さらに体調悪化という
   自体に陥っております。

   さすがにテンションが上がらないです。
   
  
  
   プレミアのクラブやUEFAから、
   プレイスメントの希望者はCVを送るようにと
   言われ、プレイスメント活動が本格化してきました。


   課題を放り投げて、こちらに集中したいのですが、
   そうもいかず、悩ましいです。 
   

   とりあえず、来週自分のCVを添削して、
   徐々に活動していこうと思います。


  
posted by ワッキー at 10:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

ついに。。。


   風邪をひいてしましました。

   こっちにきてから、風邪なんてひくわけないでしょと

   余裕ぶっこいていたのですが、とうとう昨日やってきました。

   
   頭ガンガンはつらいですね。。

   
   一応、葛根湯を飲みまくり、だいぶ良くなったのですが、、、


   
   今日、雨の中FRUMBAの練習をして、
   またぶり返す始末です。
 

   運動してる時は、良かったんですけどねぇ・・・
   ほんと、おバカ丸出しです。 


   
   ちなみに、EuroSportsで日本対オーストラリア戦が
   生で放送されていたので、テレビ観戦しました。

    
   気になった点は、

   ・有効的なサイドチェンジが少ない
   ・1対1のドリブル突破のシーンが皆無だった
   ・闘莉王のパスミスが多かった
   ・セットプレーがことごとく効かなかった

   そんなとこですかね。


   いやー勝ってほしかった。

 
   


   
    
      
   
   
posted by ワッキー at 04:57| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

放映権とCRM

   風邪ひいたくさいです。喉痛いし、だるいし、
   頭がぼーっとします。
   

   昨日は朝から怒涛のゲストスピーカー4連発でした。
   一応、Fotball and Media という授業の一環で行われた
   のですが、前FAのCEO、Telegraghの記者、
   Setantaの運営責任者、Evertonのメディア担当の人などなど。

   さすがに、疲れましたー。


   最近は、授業の絡みもあり放映権全般について調べてる
   とこなんですが、放映権ビジネスの核心というか本質に
   たどりついてません。
   つまり、そのバリューは何なのか、そこがまだ断言でき
   ない感じです。

   先日発表された2010年からのプレミアのライブ放映権料は
   BskyBとSetantaで2400億...とんでもない額になっています。

   ここまでくると、こういう高騰状態がサッカー界にとって
   いいのか悪いのかということにばかりに関心が集中して
   しまいそのビジネスの核心にたどりつけません。

   で、思わず、前FACのEOに思い切って聞いてみたんです。

   
   一般的にメディアがサッカーを殺すことについては
   どうでっか、と。

   答えは、
   
   それなりに大金をはたいているわけだから、ゲームに対しても
   それなりの力、コントロールパワーを持つことは、
   仕方がないことで、要は バランスをとるこが重要だと。
   
   
   ほんの少しだけ、クリアになったけど、 


   Evertonの人の話も興味深かったです。
   
   IBMのCRMのシステムを使ってるは知っていたので、
   どう使われてるのかなぁと。

   予想通り、クラブの公式HPのシステムと連携はしてなく
   今のところ個別に稼働してる感じですね。

   情報をクリーンにして一元管理するといってましたが、
   どういう戦略でやるのかまでは見えませんでした。

   あと、FACEBOOKなどのSNSツールも積極的に活用しており、
   露出を広げてます。

 
   JのクラブもMixi内に公式コミユニティみたいなものを
   作って、サポーターとコミュニケーションすれば
   面白いと思うんですけど。

   
   やってるとこあるのかな?


     
   


   
     
     
   
   
   

   
posted by ワッキー at 12:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

2月も1/3が終わろうとしてます。


   昨日は、クラスメイトとメキシコ料理を食いがてら、
   久々の飲酒。
   サッカー、文化、教育、下ネタ話まで、
   なんか色々話して盛り上げっていました。
   
   でもって、今日は、昼間からコーラ片手に
   ルームメイトのメキシコ人と
   人生とは二者択一だ!、みたいな話を
   真剣に語りあい・・・・
 

   気分転換には良かったのですが、
   時間が経つのが異様に早いです。

   残り、2/3かぁ。。

   
   ギアを上げねば・・・


   
 
   
   
   

   
   
posted by ワッキー at 07:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

Marketing Football

   今日、International Football Industries のエッセイ
   返ってきました。

   点数は65点となかなかの高評価。 
   
   
   結構苦しんで書いたものなので、少し嬉しかったです。

   ですが、しっかりオチもついてました。

   採点のコメントを見ると問題文を勘違いしていた
   ことが発覚。
   
   FIFAに加盟している3つの地域の例をあげるように求められ
   ていたのですが、3つの国だと勘違いしてしまい、 
   減点5点くらってしまいました。

   Regionを国だと思いこんでたようです。
   完全にケアレスミスでした。。。

   なんで国って訳したんだろう。
   70点のチャンスが・・・・残念
   
   
   
   前回のブログにも書いたのですが、
   将来的には、サッカーをマーケティングするということは、
   どういうことになるのでしょうか?


   まだ、完全な答えは出ていません。
    
   ですが、
   Jリーグのオフィシャルスポンサーのキャノンが定例的に
   行っている、Jリーグエンジヨイプログラムのような活動が
   多くの人に知りわたる仕組みを作ることは一つの可能性
   ではないでしょうか。

  
   そして、その仕組みが、 
   スポンサーベネフィットの提供、
   新規顧客の獲得、社会的責任の遂行範囲の拡大、といった
   3つの異なる効用を効率的に最大化することができれば、
   新しいMarketing Footballの形になりうるかなと。


   そういう意味では、日々、サッカーに関係ない事業での
   新しいマーケティングの事例や仕組みに対してアンテナを
   はり、それをMarketing Footballに適応していくことは
   最低限必要だと思うのですが・・・・
   
   なんか弱いんですよねぇ。。他に何かあるののかな?
   それがわかりゃ、ビジネスになってるか。
   
   うーん、また思考が停止してきたので、このへんで。 
   







     

    
  
   
   
   
  


   
posted by ワッキー at 06:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

Virgin Train

    リバプールからロンドンの旅路限定で、

 
    めちゃくちゃ速い速度の電車が運行しているとのことです。
    しかも、安いらしい。

  
    その会社は、Virgin Train。


   
    リバプールからロンドンまで、バスで5時間くらいかかる
    ので、どれだけ速い電車なんでしょうか?



    新幹線より速いのかな?

    是非、利用したい。


    http://www.ricklamb.co.uk/2009/02/robbie-keane-virgin-trains-tactical-ad.html
           















    確かに、めちゃくちゃ速いですね。





    知らない方の為に、
    ロビーキーンの説明


    2008年7月28日、少年時代からの憧れであったリバプールに
    移籍金2030万ポンドで移籍。背番号は7。

    しかしリバプール移籍後まったく何もできず2009年冬の
    移籍市場が終了する間際に、1200万ポンドでトッテナムへ
    復帰している。リバプール在籍は、わずか半年あまりだった

     





    ちなみにこのネタを教えてくれたトムは、
    アイリッシュです。


    自虐ネタもいいとこですが、サッカーをジョークにする
    こちらの文化は、しびれます。
posted by ワッキー at 08:21| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

マージーサイド・ダービー

   マージーサイド州のリバプールにある、チーム、
   リバプール対エバートンのダービー(FAカップ4回戦)
   をメキシコ人と同期の日本人と観戦してきました。

   前回の結果が引き分けだったため、今回は再試合。
   しかも、今回は延長引き分けでもPK戦まであるため、
   決着がつくと言う意味で、このダービーへの期待度・興奮度は
   今シーズンの公式戦の中では間違いなくMAXでしした。

   
   そして、なんと。。本日の席が、最前列!!
   しかも、横を向いた3メートル先には、リバプールベンチ。
   
   (チケットとってくれた同期に感謝です!)

   クレージーなエバートンサポーターに囲まれながら、
   そして気温零度以下で足と手の感覚がなくなりながらも、
   大声で応援してました!

   と言いたいとこですが、そんなことしたら、 
   間違いなく、生きて帰れないので、
   ひっそりと観戦。


   

   しかし、そんな最前列の試合で見ると、いろいろ
   新しい発見があるんですよね。
   特にベンチワークをずっと気にしながら見てました。

   
   まずは、スペイン人のベニテス監督。
   英語とスペイン語を交えながら、
   ライン際まで出ていきコーチング。
   その指示が終わったらベンチへ戻る。
   驚くべく事に、この単純な反復行為を50回以上
   繰り返してました。
   ダービー故だと思うのですが、いくらなんでも
   やりすぎ?
   彼もさすがに冷静ではいられなかったのでしょうか。。

   
   お次は、アシスタントコーチのサミーリー。
   この白髪のおっちゃんも、
   ベニテスがベンチに戻るタイミングを見てるのか
   どうかわかりませんが、ベニテスがベンチに戻るといなや
   すさかずライン際へ。

   なんなんだこのコンビネーションは。

   しかも、おっちゃんがいくら叫んでも、大勢のサポーターの
   歓声には勝てず。まったく声が届いてません。
   それでも、おかまいなしに指示を出しているわけです。  
   

   総じて思ったのが、選手がかわいそうに思うくらい、
   細かい指示(ポジショニング、セットプレーの指示など)
   が飛んでました。


   でも、やっぱプロだなぁと感じたのが、この「勝利」への
   こだわり方が半端ないなと。
   彼らは直接プレーできません。間接的にしかチームの勝利に
   影響を与えることができないと理解しながらも、
   この勝利への姿勢は、ある意味選手以上かもしれません。
   そんな狂気がベンチにはあるんだなぁと。

   
   これは、テレビでは決して感じることができなかったので、
   非常に良い発見でした。


   サッカーで飯を食うためには、もっと選手、監督の事を
   知らないといけないと最近思っていたので、
   良い経験になったと思います。
   
   
    
   ちなみに、
   試合に関しては、ジェラードが前半早々負傷退場したため
   トーレスとの縦の関係をうまく作れないリバプールは、
   うまく噛み合わず、後半ルーカスの退場により劣勢に。
   決定的なチャンスを作れないリバプールは延長に入って
   からは、完全PK狙い。

   そして、ドラマが・・・・・・・・
   これぞ、スポーツ、これぞ、サッカー、
   That is uncertainty of outcome..

    

   延長終了間際に、エバートンがゴール!
   
   この瞬間をどう伝えたらいいのでしょうか。。
   優勝でもしたかの騒ぎ×100

   (チープな表現ですいません。言葉が見つからず)
   
  
   そして、試合終了。
   セキュリティをかいくぐり多くのサポーターがピッチへ。
   初めてこういうシーンを生で見ました。 
   老若男女が抱き合い、叫び、そしてこれでもかと思うくらいの
   大合唱。

   
   心底、エバートンサポーターが羨ましかったです。
   
   

   
14 022.JPG ←ベニテス監督
   

14 023.JPG ←サミーリーコーチ


14 033.JPG  ←負傷退場したジェラード


14 030.JPG ←ルーカス退場後、すさかずマスチェラーノ 


14 034.JPG ←トーレスも延長に入り交代 
                    観客は「Lady Boy」(ヤジ)の大合唱


14 038.JPG  ←ゴール決まった後のサポーター 


14 021.JPG ←がしかし、しっかりベニテス監督にサイン
                    をおねだりしてます。プレミアリーグ奥深し...............
posted by ワッキー at 12:18| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

気分はサラリーマン

       
   
   さてさて、昨日リバプールに雪が降り、5センチくらい
   積もったのですが、自分のやることリストも
   もりもり積もってきました・・・
   
   エッセイに関しては、
   3月に締切が設定されているFootball and Media
   3500ワードとFootball and Finance 1500ワードを
   2月中に終わらせます。

 、 というのも、3月にも他の締切のエッセイがあり、
   2月中に余裕こいてたら、とてもじゃないですが、
   出来る気がしません。

   そして、やっかいなのが、プレゼン。。
   
   個人プレゼンが1つと、グループプレゼンが2つ。
   その2つのうちは1つは、評価には入らないものの
   手を抜くわけにはいかないわけで。

   あともう1つが、10月からリサーチしているプレゼンも
   学業外であります。練習しないと。。

   
   最後に、プレイスメント。
   こちらも、いろいろアイデアベースを資料に落さなければ
   いけません。

   
   いやぁ、書いてて恐ろしくなってきました。。
   明らかに、第1セメスターよりこなす量が多いです。
   


   課題じゃなくて、受注をとるための前向きな仕事だと思って
   ノリノリでやるしかないですね。
   
   
   とりあえず、個人プレゼンの資料作成開始します。  
   
    

   
    
    
    
    
   
    
     
posted by ワッキー at 07:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FIMBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

フェルナンドトーレス


    イケメンのトーレス選手がやってくれました。

    プレミアリーグ優勝争いに残るか残らないかを
    決める大事な試合、対チェルシー戦で見事2発!

    89分、90分と試合終了ギリギリで決めたこともあり、
    パブは大合唱が始まり大盛り上がりでした。


    それにしても、1点目の動き方、予測能力が凄い!


    http://coop46.blog91.fc2.com/blog-entry-8323.html#more


    動画で見るとわかるんですが、クロスが上がる瞬間に
    ファーからニアに動き出すのですが、その瞬間は、
    ニアにボールが来るかわからないはずなんですが、
    そこは感覚なんでしょうね、そこに動いてるわけです。

    いやぁ、いいもの見ました。

    その得点シーンでもう一つ注目すべきなのが、
    ゴールが決まった瞬間、自陣にいるはずの
    GKまで駆けつけてたました(笑)

    まぁ、それほど価値あるゴールということなんでしょう。
    
     
    試合自体は、チェルシーのランパードが一発退場を 
    くらってからは、終始リバプールのペースでした。
    正直、あれはレッドカードじゃないので、
    リバプールはかなりラッキーでしたね。

    でも、そんな審判のミスジャッジによって、
    勝敗の結果が左右されてしまうサッカーというスポーツは
    やっぱり面白いです。


    明後日、FAカップのリバプール対エバートンの試合、
    リバプールダービーをスタジアムで見に行ってきます。 

    
    こちらの試合も熱い試合になりそうです。 
posted by ワッキー at 12:09| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ガンバ大阪新スタジアム構想

   


   久々、明るいニュースですね。

   新スタジアム 世界へ 長年の悲願

   
   嬉しい限りです。

  
   どの程度拡張性のあるスタジアムにするのか、
   非常に興味があります。
   
   
   チームが魅了的なスタジアムを自前で持っていることは、
   そのビジネスのKSFといっても過言ではないでしょう。
 

   昨年、新しく出来た広島カープのMAZDAZoom−Zoom
   スタジアム広島は、マーケティング業務を
   三井物産+スポーツマネジメント会社にアウトソースして
   います。


   もちろん箱のレベルによるかと思いますが、
   マーケティング強化についてはクラブの検討課題として
   あげる必要があるかもしれませんね。

    
   ちなみに、以前ブログで紹介したようなスタジアムが
   建つと理想的なんですが・・・

   
   具体的にどういう動きが出てるのか、詳しい人に
   メールで聞いてみようと思います。


   
   はー。。。メールで思い出しましたが、
   大学のEXCHANGEサーバーがダウンして、
   今メールが使えない状態でした。

    
   頼むよ、リバプール大学さん。 
   
posted by ワッキー at 12:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。